カテゴリー別アーカイブ: 日向神 ダム下

ダム下「ビターチョコ 5.11b」開拓・初登

2021.1.30(日) 日向神:ダム下 127

朝の気温は1度、快晴。
日向神:ダム下は今年2回目で、昨年末にボルトを打ったプロジェクトの完成を目指す。
この季節、10時になると「下の岩」にも陽が差すようになる。

まるで道端エリアのような賑わいを見せている。

今回のプロジェクトだが、ゆきえさんのビレイで今日も「1テン極楽」にはまった。
何度やってもどこかでテンションが入ってしまう。
お昼をとうに過ぎて、陽が八女津姫の山に沈もうかとしていた。
「もう、これを最後にしようか」と思う頃だった。

ついに登れた。

思わず出たガッツポーズ。(カメラは高田さん)

ビターチョコ 5.11b B3 10m 緒方一成」の完成。

【開拓の軌跡】
2020年 12月19日(土)
・2019年12月に拓いた「フルグラ 5.11a」がこのエリアの左端だったが、1年経って「超短いけれど、もう一本左側にルートができそうだ」と思い、掃除をしてみた。そしてTr.で登ってみたら2テンションで上まで行くことができた。左側の樹木の伐採を松山さんらにも手伝っていただいた。
12月20日(日)
・ゆきえさんのアドバイスを得ながら終了点とボルト3本打。
リードでトライするもこの日は登れなかった。楽しみは次回へ。
2021年 1月17日(日)
・ゆきえさんの激が飛ぶ中、5回やって全敗。午後になると陽も陰り寒かった。次回を楽しみにする「1テン極楽」という文言を造った。「ビターステップ 5.11d」とルート名も考えた。
1月31日(日)
・そして本日、やっとこさで登ることができた。
ビレイヤーはゆきえさん。見届け人は写真を撮って頂いた高田さん。そして2種の小鳥たち。

「ジョウビタキ」

「コゲラ」

ルート名は「名は体を表す」ような「ビターステップ」から「ビターチョコ」に変えた。
「フルグラ」「アーモンド味」に続く食べ物三部作で統一感を出したつもり。
グレードは控えめに5.11b。
テクニック的にはかなり高度だが、ピンは近くて危なくないし、腕は疲れないので何度でもトライできるから。
このルートを登るにあたっては10年来履き続けている定番の「ミウラ」ではなく「5・10のクワンタム」を使用した。

原口さんからお安く譲り受けたものだが、このシューズがなければ登れていなかったかもしれない。

天気に恵まれた今日は「さくらのエリア」も多くのクライマーで賑わった。

「クワンタム」を履いて「象の目 5.11c」を登るKさん。

ここはステミング!(5.10b)開拓・初登 

2020.4.29(昭和の日) 日向神:ダム下

天気は快晴、昼間は気温24度。
今日の山友はSatoさんと山崎御夫婦。
Satoさんにビレイをしていただき本当にありがたかった。

①プロジェクト3をTr.で掃除、ボルト位置決め
5.10a程度のルートにするために終了点の高さに悩む。
クラックの中の木の根がしぶとい。
②プロジェクト3をTr.で掃除、ボルト位置決め、ボルト設置
終了点は宙さんから頂いたラッペルステーション。ボルトは4本。

「ここはステミング! 5.10b B4 8m」開拓・初登

できるだけステミングで登るとかっこいい。粉がまだひどい。
この桜エリアでは珍しい5.10台のルート、人気が出るだろう。
この後、タケシさんが苦労しながらもオンサイト(第2登)

ゆきえさんはTr.で2回経験していたので軽くRP(第3登)

④象の目(5.11c) NG
初登以来3ヶ月ぶりのトライ。三角コーナーに体が入ってしまって、う~ん。
真ん中あたりのエッジが効かない辺りがポイント。今日は左手外、右脚を曲げて入れ体が固定できた。

象の目(5.11c) R(リピート)

まあ、体が思い出せばそう難しくもないが初見の人にはやり甲斐があるだろう。

今日は行きも帰りも星原峠コースを利用した。片道44km、Av. 17.0km/ℓだ。

梅雨入り前の日向神クライム

2020.5.30(土) 日向神:ダム下~トンネルエリア

現在は31日の午前5時、Uruさんのすてきな歌声を聴きながらこのブログを書いている。窓の外から小さな雨音も聞こえる。
早起きの原因は1週間前の「親知らず抜歯」によるジ~ンとする左下アギトの疼きだ。

30日(土)は一人で日向神を目指した。山友の多くはまだ自粛継続中なのだろうか。もうすぐ梅雨入りしそうなので私はどうしても岩を触りたかった。
日向神「ダム下エリア」に着いても今特にやりたいプロジェクトはない。
初夏を迎えてにょきにょき生えてきた茨(いばら)を切るぐらいか。
とりあえず、「象の目」終了点にロープを架けて右下のスラブから登るルートの掃除をした。

ボルト3本、5.10a/bぐらいのルートになりそうだがどうしたものか。
意外と大きな木の根でプロテクションを取って右上に抜けた方がマルチっぽくて面白いかもしれない。
空はどんよりしてアギトは痛むのでモチベーションが上がらない。
正午を過ぎ、人恋しくなって移動した。

トンネルエリアにHさんらがおられたので加てていただいた。
①うし子(5.11b) リピート
なんとか登り切れたがこれでアップはきつい。
②コブラ(5.12a) トップロープ
核心部のボルトが遠く、リードする気持ちにはならない。
③シャオロン(5.11b) リピート
5年ぶりに登ったがこれは超お買い得ルート、写真映えもする。(Nさん撮影)

④ダイアナゴル(5.11a) NG
以前に登った覚えがあったので気楽に取り付いたら最上部でミスった。
⑤ダイアナゴル(5.11a) リピート
落ち着いて登れば問題はない。④のミスは歯痛のせいにしておこう。
5年前の日記を見直したら「ダイアナゴル(5.10b) マスターオンサイト、けっこう難」と書いていた。5年間でグレードはアップして実力はダウンしたか。

駐車場で見つけたが名前が分からない。

羽を広げてとまっているのでミスジチョウの仲間か?

今日もダム下でガッツリ登る

2020.4.19(日) 日向神:ダム下 No20

天気予報は曇りのち雨、少しヒンヤリした一日だった。
それでも登る時は半そでがちょうど良い。
① 新ルート(5.11ぐらいか) NG
先日HさんとTさんが拓いたルート。名前はもう付けられたのだろうか。ルートの半分から上は風化が激しく、ホールドがぱりぱりと剥がれるなどまだ安定していない。
② 新ルート(5.11ぐらいか) Tr.でトライ。
写真はTr.で登るゆきえさん。けっこう壁が立っている。

③桜のエリア:プロジェクト3にTr.でトライ

「素敵なロドライフ」の右にあるコーナーをまず登る。そしてコーナーが終わるころ、右のスラブに抜けるラインだ。前回は右に出ることができなかったが今日はなんとか写真の位置までは行けた。この後が続かないので下部のコーナーだけのルート(5.10aぐらいのステミング登り)にしようか思案中。右側の草付きをはがせばトラバース気味に面白くなりそうな気配もする。
今日は先日拓いた「粉吹き爺さん 5.11b」に3人取り付かれた。

登っているのはタケシさん。
もう粉を吹く姿はあまり見られなかった。
④マハラ(5.10d) NG
下部の体重移動が難しい。半分から上は日向神最強の5.10c「パチンコホール」と合する。
マハラ(5.10d) RP
上部はけっこうパワーを使う。ホールドが見つけにくいことも難しさを増す要因か。登っているのはタケシさん。

登った本数は少ないがどれも厳しく十分満足の一日だった。

今日一緒に登ったベテランのSさんは火傷で足を腫らしていた。そこで古いクライミングシューズの横を切り裂いて履けるようにして、左右違うシューズで登っておられた。もう、気合の入り方が違う。

16時に撤収。車に乗ったら小雨が降り出した。
走りながらロードスターの幌を閉めた。
今日の音楽は「平原綾香のアルバム Dear  Jupiter」
歌詞に「あいみょん」みたいなメッセージ性はないが大人の雰囲気が漂うので安全運転・省エネ運転につながった。
日向神往復90.3km、平均燃費は驚異の19.5km/ℓだった。

日向神:ダム下 5.11bのルート開拓・初登

2020.3.20(春分の日) 日向神:ダム下 No19

春分の日の空はからりと晴れて絶好のクライミング日和だ。
桜のエリアの山桜は今日からチラホラ咲いている。
今日の山友は横山さんとヤマアキさん。

①軽減税率(5.10a) アップ
②プロジェクト2にTrをかけて、試登。
③上部スラブにボルト2本追加。これで合計ボルト8本のルートになった。
終了点はK1さんが設置したものを共用する。
④「象の目」の右側にTr.課題を設定。

お手軽にレイバックが楽しめる。
上から見たらこんな感じ。

さすがベテランの横山さん、腰がしっかり入っている。

⑤⑥⑦ プロジェクト2にリードトライ。厳しい。
下の写真は1ピン目のヤマアキさん。

前回の試登時、ここで何回も滑った。
手には優しい岩質なのでジャミングを使う人もテーピングは不要。

⑧ プロジェクト2をRP(初登)
QDを架けっ放しにして帰ろうと思ったが、明日は誰も来ないと言うのでラストトライに気持ちを込めた。
2ピン目へのクリップ。この辺りの右ホールドが実は激悪!

3ピン目からは絶妙なバランスを要する。
世の中には「落ちるけれど怖くない」ルートは多々あるが、ここは「落ちないけれど怖い」ところだ。

ボルトが非常に近いのも納得していただけると思う。
(使わなくてももちろんOKです)

5ピン目からは広いスラブ帯へ入る。

終了点はまだまだ遠い。

粉吹き爺さん 5.11b B8 18m 緒方 2020.3.20」の完成!
ビレイヤーは横山さん。
けっこう私としては苦労したが、ボルトを打ち終わった日に初登できたので大満足である。登る人はブラシが必携。

日向神:ダム下 5.12aのルート開拓・初登

2020.3.15(日) 日向神:ダム下 No18

寒の戻りで全国的に寒い朝。
今日は「mazda  CX-30」で日向神をめざした。

この車は最新の電子機器が満載で、内装もレ○サスより質が良いという噂だ。

ダム下「桜のエリア」は南向きの樹林帯で風が当たらない。
今日も集まったクライマーは熱く登った。

①プロジェクト2をTr.で登り、ボルト位置を決めた。
②プロジェクト1にマスターリードトライ、1回フォール。
昼食
③プロジェクト1をRP(初登)成功。
④プロジェクト2にボルト6本打。午後5時、小雨で終了。

プロジェクト1:開拓の軌跡
1月19日(日) 同行(横山・唐嶋・開拓団)
ラインの大掃除、Tr.で3回トライ。下部で良いムーブが見つかった。

2月2日(日) 同行(あり吉、なお、さん、開拓団)
Tr.で2回、終了点とボルト10本設置。
2月9日(日) 同行(開拓団)
リード1回、Tr.1回。
2月24日(振替休日) 同行(開拓団)
リード2回、Tr.1回。
3月15日(日) 同行(開拓団)
リード2回目でRP(初登、ビレイヤーは山崎武さん)
5日間、合計11トライでの完登。

ルート名は仲間から「濃厚接触」「いっせい休校」とか有難いアドバイスを頂いたが、実は登る前から決めていた。
素敵なロドライフ (5.12a  B10 15m) 緒方 2020.3.15」 である。
ルートは見た目にやさしく、ボルト間隔も狭いので取っ付き易いだろう。
内容的にもスラブやコーナー、スプーンカットと変化に富んでいるのでかなり楽しめる。
写真1(下部はけっこうダイナミック)

写真2(上部のスラブは頭を使う)

今日もダム下 No17

2020.3.8(日) 「おはくま」~ダム下整備

昨日は強い雨が降って午前中は登れない。
そこで大観峰での「おはくま」に初めて参加してみた。
「おはくま」は「おはよう、熊本。オープンカーミーティング」という。
最初は大観峰にロードスターが集まったのが始まりらしい。
今日参加してみると、オープンカーではホンダS660やコペンの方が数的優位に立っている。他にGT-Rニスモや新型NSXなどなんでもありだった。

ミルクロードでロードスター同士がすれ違うと手を挙げて挨拶する。
まあ、これだけでも楽しい。
大観峰~オートポリス横~中津江~鯛生金山(トイレ休憩)~竹原峠~日向神と走った。多少狭い所もあるが車は少なく気持ちよく走れる道だった。

今日の日向神:ダム下はかなりの染み出しがあった。
そこで今日はみんな集まるのも遅かったし、ほとんどキコリや整備作業だった。
しかし新型コロナウイルスなんてほとんど関係ない自然の中で一日過ごせることは実に楽しい。趣味がアウトドアで本当に良かったと思う。

岩場が乾いてきた夕方から2日前に大掃除した「プロジェクト2」にトップロープでトライしてみた。予想通り、出だしのコーナー数メートルが核心部で、上部のスラブに達すれば快適に高度がかせげる。次回、もう少しコーナーの掃除が要る。

陽が差せば暖かい。
もう岩場では新芽が吹いていた。

【追記】
タケシさんから素敵なプレゼントを頂いた。

彼が本物のロードスターを買う日も近い?!

今日のダム下 No16

2020.3.6(金) 日向神:ダム下 単独掃除

週末は雨予報なので今日を選択。
空は快晴、朝の外気温は0度。庭先の草花も凍てついている。

日向神の外気温は2度。昼間は暑くなりそうだ。
今日のめあては「象の目」の右上にある凹角から上のスラブに至る所の掃除だ。

単独での開拓・掃除は久しぶりだ。
上部樹林帯からの懸垂も心なしか緊張する。
こんな緑の絨毯(じゅうたん)を全部はがす。

苔の中から大ガバが出ると嬉しい。

下は掃除が終了したところ。
残念ながら核心部と思える所にガバはない。
下部は見た目以上に被り気味なので面白いルートになりそうだ。

昼食のメニューを替えてみた。
カレーパンをおかずにして食べる。

帰りは国道442号を遡り、鯛生金山~中津江~兵戸峠~菊池と回ってみた。

日向神 ダム下 No15

2020.2.24(月 振替休日) 日向神:ダム下エリア

お目当てのルートに陽が当たるのを待って、少しゆっくり目に着くともう下の道端(仮称)エリアでは4人も登っている。
私もアップをする。
①「両手に穴 5.10c 長友」 リピート
十分岩も温まってきたので昨日の課題に取り付く。QDは架けたままにしていた。
②「ベテルギウスの異変 5.11b 山崎」 NG
まだ体が準備不足だったようだ。
③ 「ベテルギウスの異変 5.11b 山崎」 RP(第2登)
開拓者にビレイをしてもらう光栄に預かった。

カメラを向けられると気合が入る。


核心のホールドをつかんだところ。


核心を越えても気は抜けない。

これで気持ちよく午後の作業に入れた。

④プロジェクトにマスタートライ NG
奥にある桜のエリアも本当にきれいになってきた。夏場は桜の大木が日陰を与えてくれそうだ。写真はプロジェクトをTr.で登るK1さん。

⑤プロジェクトをTr.トライ
初めてノーテンで終了点に達した。次回は完成させたい。

帰りに「八女津姫岩」で熊本の宙さんに会った。
そして、数年前の約束で、岩野山用にラッペルステーションを寄付していただいた。

品名「テリクスチェーンハンガー」という立派なものである。
昨年岩野山はかなり整備したので、これはダム下エリアで使わせていただけないだろうか。

ダム下 開拓 No14

2020.2.23(日) 日向神:ダム下エリア

西高東低の気圧配置で見事に今日は晴れわたった。
下の写真は日向神ダムの一つ下のダム湖の朝のたたずまいである。

空にはトンビであろう、気持ちよく飛んでいる。

今日の午前中は「象の目」周辺の立ち木を整理した。
我ながら鬼のように働き、すばらしいエリアになってきた。

午後はクライミング。
先日タケシさんが拓いた「OneTeam 5.11aぐらい」にトライ。
1回目はキコリ作業の疲れで手足がつってテンション。
2回目でRPできた。このルートの第2登となった。

今日タケシさんが拓いた「ベテルギウスの異変」

私もさっそくトライしたが、ちょっとよれてきた。

2回やり、「楽しみは明日に!」と言い残して今日は早めの撤収となった。