issey のすべての投稿

昭和生まれ 熊本県菊池市在住 暇な日は草刈、読書、ナンプレなど

雨の一日

2024.4.21(日) 徒然 125

雨の一日、というだけではなく地域の行事で今日は在宅日。
行事は2時間程度で終わったが、とにかく一日が長かった。
雨で草刈も出来ないし、運動不足で時間を無駄に過ごす感じがとにかく胸の中をむずむずもぞもぞさせる。

① 庭の花でも愛でる

ジャーマンアイリスに雨は似合う。

青系もいい。

② 車でも愛でる

茶色系は品がいい。

今年のRS:ベストフォトに入るかも。
手前のチューリップは片づけるべきだった。

③ 図書館にでも行く
「シルバー川柳」を借りた。
「まっすぐに 生きてきたのに 腰まがる」まだこんな状況には陥っていないが、幾つか身につまされるものがあった。
「アイドルの 還暦を見て 老を知る」
「目覚しの ベルはまだかと 起きて待つ」
「本性が 出るというから ボケられぬ」
「温かく 迎えてくれるは 便座のみ」
最後に、
「靴下を 立って履くのは E難度」に関して言えば、私としては「靴下を立って履けなくなったら岩登りはやめる」覚悟をしている。

④ ステンレス:ハンガーが届く

ウクライナの兵士ではないが、実包がなければ戦えない。
今年もあそ望山岳会からの支援が約束されている。

⑤ ヘッドランプの物色でもする

このナショナル製を真似た安物はなんだ?
しかも「熊本クー・クラックス・クラン?」とは!
ロドキャンの達人(?)と思われている私だが、実は使えるヘッドランプを持っていない。
これまでキャンプの時は普通のハンディライトを使ってきた。
ヘッドランプが必要な山や時間には行動しないのが信条。
しかし、この頃になって「終の山道具」として上等なヘッドランプが欲しくなった。
そこで「山と渓谷 2023年4月号 山岳装備大全」を借りて下調べをして、ネットの情報・クチコミを吟味した。
そこで分かったことは、ネット情報は各会社による「売らんがため」のやらせ記事が横行していることだ。
スペックはどれもすばらしいので、やっぱり山の店に行って実物を手に取り、感覚的なところで決めた方が良いように思えてきた。

面風の岩場:ソロ

2024.4.20(土) 面風の岩場 5

参観授業を2本こなしてやっと迎えた週末だが、午後は雨の予報。
久しぶりに左肩が痛むのも気になる。
男池のヤマシャクヤクや飯田高原のヒゴイカリソウを見に行くか面風の岩場に行くか、大いに迷った。
結論、花は来年も咲いてくれる、岩は来年登れないかもしれないと思った。

左側のクラックから取り付くのが3月31日に拓いた「春蘭(5.10c)」で、今日は右のカンテ沿いに2本ラインを引いた。
上部は春蘭に合流する。
次回は初登を目指す。
カムやナッツを使うのでボルトは1本で済んだ。
クラックルートはリーズナブルだが、誰が登ってくれるだろうか。
正午前には小雨が落ち始めたので撤収した。

意外と降りが小さいので、近くの林道に入り、岩場探しをした。

ナルコユリの群生があった。

ご存知、アオマムシグサ。

既に受粉した実の皮をむくと、仏炎苞から逃げられなかった虫たちの屍が幾つもある。マムシグサは恐ろしい。

シャガはもう少ない。

初めて見るカメムシで、背中にハートマークが見える。
「エサキモンキツノカメムシ」という。

この時期、津江の山でよく見かける「オオツマグロヨコバイ」

遠くにいたのでピントは甘いが「クロコノマチョウ」、自然の隠し絵だ。

最後はクラックから掘り出されたムカデ。

運は良かった!

2024.4.16(火) ロードスター 76

4年ぶりに異動して半月、新しい職場にはまだまだ緊張することが多い。
そんなストレスを発散するため、今日の夕方は久しぶりのオープン走行をした。
あと1kmで自宅という辺りで頭上を黒い影がよぎった。
次の瞬間、「パチッ!」と音がした。

なんと、フロントガラスの目の前にカラスらしき鳥の糞が落ちていた。
時速36kmぐらいで走っていたのであと5cm、時間にして0.005秒早かったら鳥の糞は私の顔を直撃していたろう。
すると、目が見えなくなった私は急ブレーキを踏み、後続車から追突されてひどい「むち打ち症」になっていたかもしれない。
オープン走行がトラウマとなって二度とロードスターに乗ることはなくなったかもしれない。

数年前、公園の樹木の下に駐車していて小鳥たちの小さな糞攻撃を受けたことはあったが、こんな直撃弾は初めてだ。
ほんの0.005秒で人生が変わってしまうと思うと恐ろしい。
帰って糞を洗い流したら何事もなかったように済んだ。
「ウンは良かった!」と思った。

この頃、ワイヤープランツをテーブルで育てるのがマイブーム。

春のハサミ岩

2024.4.13(土) カニのハサミ岩 66

2024年度の「あそ望山岳会」総会が開かれるので、昼間はカニのハサミ岩で登ることになった。
みんなよりも早く、私は一人で先に登った。
大勢で歩くと動物は姿を隠すし、植物もゆっくり写真が撮れない。

砂防ダム池のオタマジャクシ。
この中で来年卵を産むまでになるのは何匹だろう。

この池には以前からイモリがたくさんいる。
オタマジャクシを食べているのか?

スギの切り株からミズキらしい木が生えている。
よく見ると若葉の上にシャクトリムシがいる。

土筆ショウジョウバカマは1週間遅かった。
小鳥はヤマガラがいた。

① 夕陽のフレアー(5.10a) R(リピート)

登っているのはす~さん。
ほぼ「クラック登り」をしたら左手を少しけずり、今日一番の厳しさを感じた。

② ガバたちのさえずり右(5.11b) NG
③ ガバたちのさえずり右(5.11b) RP

きょうのお目当てはこれ。
分かりにくいホールドを掴むのがポイントだった。

④ 昼間のレイバック(5.10d) OS

登っているのはアリキチさん。
この辺りは以前、相当な泥壁だった。
澤田・川津ペアの開拓というより「開墾」の跡。

⑤ たそがれ伝兵衛(5.10d) NG
⑥ たそがれ伝兵衛(5.10d) RP

いわゆる「リーチ物」だが、1本目で登れなかったのは残念。

カニのいろいろ(5.10c)を登るす~さん。
このエリアだけで10本ほどのショートがあり、一日楽しめる。

⑦ 啄木鳥の音(5.10a) MOS

これは川津さんのプロデュースで、掃除の跡もまだ生々しい。

⑧ 試登(Tr.)
澤田さんの案内で開拓中のマルチルート1P目を試登させていただいた。

今日は総会があるので早じまい。
半年ぶりのハサミ岩、とても楽しかった。

偶然か、今日の総会の場所は「水辺プラザかもと」の「八方ヶ岳」の間だった。

国東半島:清水畑クライミングコース

2024.4.6(土) 国東半島 9

5:40 毎年恒例、春の国東半島へ出かけた。
目指すは「清水畑クライミングコース」と「花見」だ。

昨年は開花期が合わなかった院内町のハナモモ。
曇空で車の発色が今一ながら、第一目標をクリア。
熊本のサクラは終わっていたが、大分のサクラはちょうど満開。
宇佐神宮あたりの花は見事だった。

8:50 夷農村公園駐車場

後ろの稜線は「中山仙境(夷耶馬)」である。

霊仙寺、実相院、六所神社の前を通る。
人家もまばらな山間の里にどうして立派な寺社が3つも並んでいるのか、国東半島の謎。
六所宮の先から「国東半島ロングトレイル K-1ルート」に入る。
谷間の杉林だが、多くの石垣が積まれ、昔は田畑であったと思われる。

「ムサシアブミ」は初めて見た。
ゆっくり写真を撮りたいが、雨が心配で花に無関心な山友さんがどんどん先を行く。

1km弱で「後野越(峠)」に着く。
ここからがクライミングコースの始まりで、ハーネスを着けて背後の尾根に取りつく。

P3からは細い岩稜地帯を行く。
途中、走り去るメスジカを1頭見た。

三角点があり、この黄色い板が山頂の印かと思っていた。
ここでおにぎり1個の昼食。
ここから南に下るルートもあるらしい。
さらに右から回って5~6mのやぶ登りでピークを目指す。

ここが最高地点。
今回、「国東半島 山ガイド(豊嶺会)」を参考にさせていただいた。
尾根が痩せている分、ルートを大きく外すことはなかった。

北側のまき道に「ミツマタ」の群生地があった。
和紙の原料として有名だが、なるほど枝先が3本の枝に分かれている。

このルートは何回も繰り返す懸垂下降がキモで、50mロープは必携。
最後のP9の手前からは下に見える簡易舗装道路に向かって急斜面を一気に下り、時間短縮ができた。
全行程は距離5kmで、予定時間は8時間だが4時間34分で回り、雨にもあわなかった。

早く下山したので「夷谷温泉(くにさき六郷温泉)」で疲れをとった。

院内町「鳥居橋」のサクラは少し遅かった。

帰りの387号は雨で、車窓からの花見となった。

面風:最初の1本は「春蘭」

2024.3.31(日) 面風の岩場 4

今日は3月31日。
皆さんそれぞれが慌ただしく「年度末」を過ごされてきたであろうが、気分を一新して明日からの「新年度」を迎えたい。
私も明日から新しい職場に向かうにあたって、車のタイヤとスラックスのベルト、職場の歯ブラシを新調した。

令和5年度最後の日曜日は「面風の岩場」に八方ヶ岳俱楽部の澤田、川津、緒方の3人が集った。

八方ヶ岳:カニのハサミ岩を横目に見ながら、矢谷渓谷入口からさらに県道9号を3km進むと面風橋がある。
岩場はそのすぐ左だが、樹林の中で分かり辛い。

① 岩頭から下がってクラック面の掃除
② Tr.で試登
③ ボルト位置決めとハンガー4個の設置
④ 初登トライ

ハンドサイズのクラックにカムを2個使った。

ここはナッツ(大)をチョイス!

上部はフェースになる。

カンテから攻めてみた。

ルートの左側に「春蘭」がひっそりと二株咲いていて、私を応援してくれた。

「春蘭(5.10c) 14m、B4、カム×2 ナッツ×1 緒方」

澤田さんも今日は1本拓かれた。

「年度末フェース(5.10c) 10m B5 澤田」である。
さっそく第2登したが、見た目よりも持てるホールドが少ない。

川津さんの1本(カンテルート)は残念ながら初登ならず、次回に持ち越しとなった。

マムシグサは姿勢が良い。

ダム下:マハレ(5.11a)MOS

2024.3.30(土) 日向神:ダム下 220

全国的に桜の開花が遅れているというニュースが流れていた。
さて、日向神はどうだろう?

毎年恒例、男岳分教場跡地の桜。まだ7分咲きか。
校庭のツバキは八重咲で4色盛り! 一見の価値がある。

松瀬ダム湖畔で見つけたサツマイモナリ。

ダム下の「蘭夢庵」はシャガの白い花が盛り。

先週が雨だったこともあり、ダム下2Fは今日も賑わった。

実力者の楠田君は「ブラッデイ・ジャム(5.11c)」をRP。

私は「ワン・チーム(5.11a)」を本日3便目でやっと再登。
4年前は2便目で登り、「お買い得イレブン-a」というイメージを持っていたが、今回のトライで十分に鍛えられた。

写真は「マハレ・ダイレクト(5.11b)」にトライ中の井ノ口さん。
今日はこのポジションから右に上がって、左に回る「マハレ(5.11a)」に臨み、MOSできた。

日向神ダム湖畔の満開桜を愛でながら帰った。
今日も十分満足の一日だった。

九重山で春探し

2024.3.27(水) 山歩き 36

4月から4年ぶりの異動となり落ち着かない日々であったが、昨日先方に行っておおまかな仕事内容が確定した。
そこで今日は心安く山を歩いた。
自宅の外気温は9度、大観峰で3度。昼は20度になる予想だ。

北外輪山のお花畑は野焼きが終わったばかり。
やっと「キスミレ」を一株見つけた。

今日のめあては男池の花だが、時間的に早かったので「猟師岳」に登った。
登ってびっくり、すぐに霧氷が現れ冬景色となった。

モズも寒そう。

徐々にガスがとれてきた。

多くの木がシカの食害にあっている。
以前、細木数子さんが「日本はシカで滅びる」と占ったそうだ。

三俣山は白いがやまなみハイウェイは春の陽気に包まれている。
平日ながらバイクは多い。一路、男池を目指す。

男池の上部はバイケイソウが元気だった。
もうすぐ緑の畑になる。

先日まで雨だったので「タマゴケ」も元気。

「ネコノメソウ」はまだこれから。

やっと見つけた「ユキワリイチゲ」

これは「ツチグリ」
キノコ類はたくさん撮った。

「かくし水」辺りの食害もひどい。

「ミソサザイ」はよく飛び回っている。
コゲラもいた。

「テングチョウ」は3~5月が活動期。

帰りは長湯温泉に寄った。

雨の日曜日

2024.3.24(日) 徒然 124

早朝から雷雨となって、3月としては記録的な大雨になっている。
それでも散髪と県知事選挙を済ませ、家を出たついでに近くの図書館にも寄ってきた。

               ハナニラ

床屋ではオヤジさんがあまり世間話に乗ってこないのが気になった。
選挙会場では、投票用紙をそのまま箱に入れようとしたら「折って入れてください」と注意を受けた。どうせ箱の中で自然に開く仕組みの紙なのだが。
図書館には新聞をくしゃくしゃにしながら読んで「ゼ~ゼ~ッ!」と病的な息をするおじさんがいた。職員の方にはストレスだろう。

              多肉植物の花

このブログの表示回数「14万回」を3月22日に達成。
直近の1万回は「4ヵ月と21日間」であった。
山で「読んでますよ~」と声をかけていただくと嬉しい。

           ラッパスイセン

4月から、4年ぶりの異動となった。
同じ町内ではあるが、これからいろいろありそうで心がざわつく。とりあえず働き続けたい。

             ニワウメ

1年間空いてまた地域の役員になった。
田舎の人材不足はいかんともしがたい。

         ユリ(カサブランカ)の芽

昨日、ロクパの帰り道に「健康だから登れるのか、登っているから健康なのか」と考えたが、答えは分からなかった。
今年は「走れる体づくり」をしたい。

          スイセン2種

「認知症というのは遅かれ早かれ誰でもなるものだという覚悟を決めること。そのうえで、認知症になるのをできるだけ遅らせることがポイント」  (和田秀樹の老い方上手から)

      アイビーとワイヤープランツの水栽培

暇なときは「筋トレする、本を読む、散歩する」習慣はいつまでも持っていたい。

ロクパで春トレ

2024.3.23(土) ロックパーティー4

この土・日は雨模様なので、久しぶり(11ヵ月ぶり)にロックパーティーでリードの練習をした。
午後からの1dayで2,000円。

① 緑(5.10b) R(リピート)

② 青(5.11b) RP

1年前は1テンだったかな。
力のあるうちにトライして、楽に登れた。

③ 灰色(5.11c) OS

調子に乗ってトライしたら登れてしまった。
写真中央の灰色ボテからハング帯の側壁を登る。
上部で小さめのカチが続き、良いトレーニングになった。

もうすぐアクシオンでジュニアの大会があるようで、何人か熱心に練習していた。
子どもたちは5.11がアップで、疲れをしらない。

④ 赤(5.11a) 敗退

壁の右端にある赤ホールド。
2ピン目からの地図の等高線模型みたいなホールドが持ちにくい。
これは難しい。

⑤ 赤(5.11d) NG
カンテの右にあるホールドを知っていればいける。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_7990-e1681557185107-682x1024.jpg

この写真はカンテ赤(5.11d)だが、実は1年前のもの。(服が一緒なのは偶然です!) 2便目でRPした。
このカンテ赤ホールドが5.11aで、⑤の右端赤が5.11dではないだろうか。誰かがどこかでグレードのシールを張り替えたとしか考えられない。

⑥ 黄(5.10c) R(リピート)
コーナー登りで面白い。

⑦ 緑(5.10c) R(リピート)
大きな丸みのあるボテがあり、慣れていないので難しかった。

⑧ 緑(5.11c) 敗退
次回の宿題を作っておいた。
大きくかぶったラインはフレッシュなうちならば登れそう。

この頃のマイブーム「ソルティ レモンミックス」

指や足先が痛くなってきたので終了。
1年間での成長を感じた、十分満足の半日だった。

帰り道は三池から南関に抜ける県道5号線の山道で、ブリッピングの練習に良い。
雨に濡れた路面はすり減ったタイヤではちょっとこわいが、来週はタイヤを交換する予定だ。