雨のお盆

2024.7.14(日) 山へ行って居りません 4

昨日は、草刈3回(始めると雨が降った)、図書館、地域の夏祭り(盆踊り)の準備、、親戚への初盆お参り、実姉のお盆参り、納骨堂への迎え火、 更に夕方から雨のために公民館で夏祭り開催 と一日がバタバタと過ぎた。
3連休2日目の今日は線状降水帯が発生するほどの雨が降っている。 中途半端になっている草刈もできない。

過年の記録
2023年 岩2回、日向神:南面エリアでゲルニカをMOS
2022年 国体予選九州大会(熊本)のスタッフ2日間
2021年 岩3回、日向神(2)とハサミ岩
2020年 雨、ドライブ1回
2019年 3日間とも雨
2018年 国体予選九州大会(鹿児島)スタッフ、日向神

昨日、草刈をしながら撮った写真を載せよう。

こぼれ種から育ったヒマワリ。

これもこぼれ種から育った大輪咲き。

ケヤキにあるカラスの巣。下には大きな枝が何本も落ちている。

そして昨日、カラスの巣立ちを見守った。
枝の間を何回も飛び回り(微妙にカメラを構えた私の視線が葉で遮られる所にとまりながら)、遂に近くの電柱に渡り、畑の向こうの家まで飛んで行った。これからは自分でエサを探してとらなければならない。カラスとはいえちょっと応援したくなる。

ヒゴタイが咲き始めた。
ジャーマンアイリスに押されてあと2株に減った。

今年第1号のアボカド。成長が早い。

第1号と同じ日に食べて、水栽培を始めた第2号からやっと芽や根が出てきた。多様な育ち方をする方が生き永らえる確率は高まるのだろう。

12日の夜にネット注文したら13日夕方には届いたビレイグラス。
特に首が痛い訳ではないが、予防措置である。

県体壁の帰りはフルオープン!

2024.7.10(水) 県体壁 33

知らない人だけに教えよう、今日は「納豆の日」だ。

2週続けての県体壁。それでも今年はまだ4回目。
週末は外岩で、疲れがとれた水曜日に県体壁を登る1週間のルーティンが戻りつつある。

薄暮の中、左ルートを登るい~さん。
今日は人が少ない。
① 右(5.10a) R(リピート)
② 右16(5.11a) RP

先週、4本目のトライでNGだった。
今日は2本目にトライしてRP、丸みのあるホールドが多く前腕がはった。

③ 中央 オレンジ(5.11a) NG(1T)

今年初めての短いスパッツをはいた。
登りやすい気がする。

最後のハング越えでフォール。
次回は登れそうだ。

夜になっても気温は31度。
こんな時、帰り道はフルオープンにした。

一日二善~日向神へ

2024.7.7(日) 日向神 230

日向神へ向かう途中、大淵の辺りで雨が降ったので諦め心になったが岩場が近づくと全く降っていなかった。
今日はサンセットエリアへ。

① プリティウーマン(5.11a) R(リピート)

写真はプリティウーマンを登る楠田くん。
私は39回目。もうアップ課題になった。

② 赤い実のヤマボウシ(5.11a) R(リピート)

赤い実のヤマボウシを登るK1さん

昼食後、新しく開拓予定の岩場を偵察。

③ 物見遊山(5.10d) R(リピート)

物見遊山の隣、テラスへアップ(5.11a)を登るす~さん

④ 若い日のりりぃ(5.10c) R(リピート)

りりぃの隣、八女茶のチャチャチャを登山靴でボッカトレする楠田くん

⑤ 乾期の歌(5.11a) R(リピート)

乾期の歌を登るオカピー
やっと私の写真を撮ってもらった

実にこのルート、2017年と2019年に登っているのだが、当時は5.10dだった。一応これが201本目のイレブンRPになった。

今日も「NEOX」が話題になった。
これはK1さんのネオックスで、実に使いやすい。

これは私が愛用するグリグリ、信頼がおける。

これはゆきえさん愛用の初代グリグリ、もちろん現役。

エリアのクラックに住む「ヤマアカガエル」

帰り道、山鹿市の県道で竹が道路に倒れて危ない状況だった。
リュックに鋸(のこ)が入っていたので、切って撤去した。
「一日一善」

菊池市の坂道でまた同じように竹が道路に倒れかかっていた。
「一日二善」もしてしまった。

虫取り三昧~日向神へ

2024.7.6(土) 日向神 229

梅雨の晴れ間、早朝より虫取りに行った。
3匹とれて、2匹持って帰った。
そして先週からいる2匹をリリース。
この頃の昆虫ゼリーは良くできていて虫たちは元気に長生きする。私が小さい頃はスイカとかやって、闘いをさせるのですぐに死んでいた。

10:30 出口さんと日向神に着いた。
けほぎ橋で「昨日の夕立でどこも濡れている」と、す~さんとYさんが待っていてくれた。
みんなで日当たりの良い南面エリアへ行った。
少し湿っぽいがなんとか登れそう。

①落穂拾い(5.10a)    R(リピート)
②ムーランルージュ(5.9) R
③真珠の耳飾り(5.10c) R

悶々マントル(5.10c) OSのYさん
猛暑(5.11b) OSのYさん

午後はハートエリアへ移動
④ リズム(5.10a) R
⑤ 上弦の月(5.11c)B9 24m R

YouTubeで見たムーブを試したがどうもよくない。
やっぱりオリジナルムーブが私には合っている。
本日、快心の登り。

⑥ シンパウダー(5.11b)B7 NG

核心部でポケットへの足入れを間違った。
本当に残念な一登。

風を切って飛ぶハヤブサ
コオニユリが満開の季節を迎えている

で、夜になってまた虫取りに行った。
もうカブトムシや小さいクワガタはスルーして「水牛」のみ3匹持ち帰った。
今年買ったBKのヘッドランプが役立った。

花咲か爺さんちの「しろ」出生の秘密?

2024.7.4(木) 徒然 127

たまたまだが、今日は有名な昔話「はなさかじい」(よしざわかずお)を読む機会があった。
すると、爺さんが山に行って、「松の木の根元で子犬を拾った」とあった。なるほど、その後隣の欲張り爺さんから殺され、その墓として松の木が植えられ(樹木葬?)て大きく育ち、木臼が作られたとなるので、話の伏線としても分かりやすく、しろは松の木の神様だったのかもしれない。

有名な昔話ではあるが、爺さんと犬の出会いがどうも私の記憶の中であいまいだったので、近くにあった別の本(松谷みよ子)を手に取った。
すると、「じさまは山にしば刈りに、ばさまは川にせんたくに行った。川上から赤と白の箱が流れてきたのでばさまが白い箱を拾い上げ、中から白い子犬が生まれた・・・」
えッ、これは「桃太郎の展開とそっくりじゃね!」と思った。
白い箱だから「しろ」か、と納得の一面もある。

ついでに別の本(おざわとしお)では、子犬は香箱に入っていたとある。香箱とは裕福な家の娘の嫁入り道具らしいから、子犬を箱に入れて流したのは女の人か。
次の本(石崎洋司)では、黒い立派な箱に入っていたとあるからやはり長者の家の子犬か。
また次の本(長谷川摂子)では、じいさんが川で拾ったとある。やはり主人公はじいさんだからなあ。

またまた次の本(稲田和子)では、赤白の箱が川上から流れてきて、ばあさんは「赤の箱」をひろったとなり、(大川悦生)の本でも赤白のうち、赤を持って帰っている。
「なんで赤い箱から白い子犬なんだ!」と叫びたくなった。

結局8冊の本をみたところ、犬が川上から流れてきたのが7つ。
そして箱に入っていたとするのが6つ。流れてきたのは赤白2つの箱とするのが4つ。そして犬が白箱から出てくるのが2つ、赤箱から出てくるのが2つという結果だった。
まあ、昔話の内容は書いた人やお国によって多少の違いがあるのはふつうだが、この有名な昔話が出だしからこうも違っていたとはまったく知らなかった。

ついでに「昔話全集」みたいな本だと、どの本でも「はなさかじい」の話が1番目に収録されていることに気付いた。分かりやすい勧善懲悪の定番設定とストーリー展開の面白さがやはり一番受けるのだろう。
疑問に思ったことが一つ。
それは松の大木である。犬の墓に植えられた松はまたたくまに大木になったらしい。これが20年も30年もかかってはじい様の寿命が足りないので、すぐに大きくなるのは合理性がある。しかし、松の木で「木臼」を作るかな?
一般的に木臼の材料はケヤキである。松脂(マツヤニ)の付いた餅はちょっとまずそう。
最後に、じいさんが灰をかけて花が咲いた枯れ木は「サクラ」だ。とすれば、かけた灰は桜の木を燃やしたものだとするのはあまりにも話ができすぎか。

ボル天で「Neox」を試す

2024.6.30(日) ボルダー天国 6

雨ばかり、草取りばかりなのでK1さんとボル天へ。
私は実に1年7か月ぶりのボル天である。
わさもん(新しいもの好き)のK1さんは、さっそく手に入れたビレイデバイス「Petzl-Neox」を試すという。

ネオックスはグリグリのロープの出しにくさを解消したというが、なるほどロープの繰り出しはノーストレスだ。
ビレイ機能はグリグリと変わらないが、ソロTr.やソロクライミングといったグリグリ特有の使い方に関しては独自の慣れが必要な感じだった。値段は約2万円なり。
個人的に外岩ではビレイヤーが落石等のアクシデントに見舞われたりヒューマンエラーを起こすこともあるので、ATCではなくグリグリ等でビレイして欲しい。

久しぶりに「黒囲い」にトライ。

この後、ヒールをかけてリップをトラバースしていく。
その肝心の写真がない(空さん、見とれてないで頼みますよ!)
2018年2月10日(6年前)のブログ記事には「余裕でクリアー」とあるが、草取りで疲れた体ではNGだった。

雨による運動不足は筋肉量の減少~体重の減少をまねき、 体力の低下につながる。

初夏のRWC:カジカガエル

2024.6.29(土) ロードスター 78

梅雨時で2週続けて週末は雨。
久しぶりのRMC(Roadster Morning Camp)で竜門ダムへ行った。

東屋の下で朝食の準備。
まだ100均の折り畳み椅子を使っているので、そろそろヘリノックスとやらを買おう。

サラダのドレッシングを忘れたので納豆を混ぜたら美味。
折り畳み式ドリッパーは使い慣れず粉をひっくり返してしまった。次回は普通のにしよう。
ホットサンドは食パン1枚とチーズのみ。
「森浩平キャンプ」では朝から食パンを2枚食べているが、彼は若いなあと思う。

広場は草刈がきれいにされている。
その中で「ネジバナ」がたくさん咲いていた。

池でカジカガエルの品の良い鳴き声がするので見に行った。

朝から元気に交尾中だった。
下のメスはオスの5倍ぐらい大きい。

メスは体に赤み(婚姻色?)があって高齢にも見受けられた。

トイレに行った。
ダム事業は国家予算だろうから相当立派なトイレである。
最新の温水便座で「ワイドビデ」「ムーブ」等は分かるが、「マッサージ」とはいかに? どこをマッサージするのか気になったので押してみたがもう一つ反応がない。
ふと上を見ると、初夏なのでいろいろな昆虫が壁にとまっていた。

ヘビトンボ
マエグロホソバ
ナシイラガ(ドクガ)
今日はまだ名前が同定できない

昆虫の名前を同定する無料アプリを入れようとしたら、「1週間後に有料となる」らしいのでやめた。
他にもちいさいガ類は多かった。

いつもの花広場にも行ってみた。

ここも草刈がされて、ウサギの糞がたくさんあった。

帰りに迫間川の石橋を通ると、下流の滝は長雨でかなり増水していた。

梅雨時のカメラ散歩

2024.6.23(日) カメラ散歩 21

雨の日曜日、隣の地区まで散歩に出かけた。

菅原神社に木造りの新しい鳥居があった。
「平成29年製」とあるので、熊本地震で倒壊した後に建立したものだろう。氏子名に同級生の名前が数名みられる。

境内に生えていたキノコ。

砂岩で作られた珍しい灯篭。
日中戦争の頃、陸軍士官学校に入校した記念とある。

近くの道端に女の子の石仏(観音像)があった。
昭和30年頃(約70年前)、この辺りで交通事故に遭ったそうだ。

やっと梅雨らしい空模様になり、本田(ほんでん)でも田植えが出来るようになった。

今年はアジサイの開花が不ぞろいだ。
青系は終わりがけで赤系はこれからという感じ。
これは大きく育ったダンスパーティー。(ガクアジサイ)

桔梗(キキョウ)も雨に負けず咲き誇っている。

こぼれ種から育ったヒマワリ。

雨続きで山に行けないので、「以前の6月は何をしていたのかな?」と思い、2019年6月(5年前)のブログを開いてみた。

素晴らしい多肉植物の寄せ植えを2000円ぐらいで買っていた。場所は何かのイベントで行った「グランメッセ熊本」
しばらく鑑賞した後は増やしていく計画だった。

さて、これが今はどうなっているのか?

なんとも形容しがたい。
増えたようにも見える。

君たちは幸せかい?

プリティウーマンを日本一触った男

2024.6.23(日) クライミング 12

私は自称「プリティウーマンを日本一触った男」である。

※日向神:サンセットエリア下部(広場)
「プリティウーマン(5.11a)B4(北原慎治)」

しかしある時、
「イッセイさん、私の方がたくさん登っていますよ! 今日で20回目、失敗したのは2~3回ですかね」
という輩(やから)が目の前に現れたらどうしようと思った。
このマウント合戦を征するにはやはり正しい記録しかないと思った。
ちょうど「200イレブン」の記録整理のために日記等を出していたので調べてみた。

2012年10月20日 初トライ時

記録【 西暦 日数 成功数/トライ数 】
2012年 1日 0/2
2013年 1日 1/3 RP(5回目)
2014年 1日 0/4
2015年 ー
2016年 1日 0/1
2017年 3日 1/3 R(リピート)
2018年 5日 4/8
2019年 ー
2020年 ー
2021年 2日 1/5
2022年 4日 4/5
2023年 ー
2024年 5日 5/7

合計 13年間で23日、16/38(成功率42%)
直近の3年間では9/12(成功率75%)である。 

2024年5月19日 35回目 (ミウラは12年前と同じもの)
左手ピンチで、次の右手がガバを取るまで。足置きがポイント。

一つのルートに38回。
もう目をつぶってでも登れそうだがそうも行かない。
2021年など2年間のブランクがあったのでリピートするのに5回もかかった。

とりあえず、トライ数38回で「プリティウーマンを日本一触った男」宣言をして挑戦者を待とう。

200イレブンRPの記録

2024.6.23(土) クライミング 11

先週、眺めのいいテラス(5.11c)で200イレブンRPを達成したので、101~200本の統計的な記録をアップしよう。
※今日は雨で在宅なので・・・

表を見て自分でも思ったことは5.11cが充実したことだろう。
加齢による体力の低下は避けられないが、経験値は随分と上がったように感じる。
また、イレブンをたくさん登ったからと言って、「次は5.12だ!」と簡単に進まないところも私らしい。
自分の実力から言って、5.11b~5.11cの辺りにトライするのが楽しい。
以前、本匠:切り株エリアで「5回以内で登れたら十分楽しめませんでしたね」と優しく言われたのを思い出す。
さすがに10回以上トライするともう嫌になってくるが、5回ぐらいで登れるルートをこれからも目標に置いていきたい。

思い出のルート10選

①2018年10月20日 110本目
日向神:奥壁「アッポロ11号(5.11b) B7 寺崎郁彦」

ハングからフェースに出た後がとにかく怖い。

②2018年11月23日 112本目
本匠:神社「シュライン(5.12-) B9 吉野慎治」

石灰岩特有のハングを越えて行く。夏は涼しく、銀杏の季節は更にすばらしい。(左隣が有名な「銀杏の小径」)

③2020年3月15日 131本目
日向神:ダム下桜「素敵なロドライフ(5.12a)B10 緒方一成」

上部スラブ帯の苔は絨毯を巻くようにして落とした。
内容、スケール感共に申し分のない1本。ピン間が近く、お買い得5.12として多くの人に登ってもらいたいが、どうも苔が生えやすい。

④2020年11月14日 135本目
日向神:愛のエリア「エレキバンはやめて(5.12a)B5 新原孝喜」

短くて、登れそうで登れないので21回もトライした。(自己最多記録)

⑤ 2021年4月24日 147本目
カニのハサミ岩:赤壁「ロドキャン(5.11b)B10 緒方」

カニのハサミ岩、一押しの好ルート。下部はテクニカルで上部は持久力が要る。写真映えするのもいい。

⑥ 2022年4月30日 162本目
八面山:上部「大内ライン(5.11b) B7 大内」

八面山は時々しか行かないので3年間、9回もかかった。登れた時は素直にうれしかった。

⑦ 2022年5月21日 165本目
ダム下2.5F「ハイドランジャー(5.11d) B5 緒方」

ダム下開拓当初からねらっていたラインだが、あまりにも難しくてしばらく放っておいた。相当繊細なムーブが要求される。場所的に恵まれず、誰も登ってくれない寂しい1本。

⑧ 2023年4月1日 177本目
日向神:ハートエリア「十六夜の上(5.11c) 緒方」

前年10月からK1さん・タケシさんらとハートエリアの開拓を始めた。上弦の月、シンパウダー、ひかりものなどの好ルートを拓くことができたが、気がかりなものは十六夜(5.10b)の上。 3日間の集中的なトライでやっと初登できた。私のハートエリアでの集大成になった。

⑨2024年2月10日 195本目
日向神:ダム下「ブラッデイ・ジャム(5.11c)B7 緒方」

正月からずっとダム下に通った。そして、最強の5.11bと呼ばれる「必殺仕事人」がやっと登れたので、その勢いで開拓に臨んだ。場所的に良く、ルートの内容も濃いものがあって面白い。多くの方がトライしているのを見るのも楽しい。私はあまり苦労していないので「必殺仕事人」の方が難しく感じるくらいだ。

⑩2024年6月16日 200本目
日向神:サンセット「眺めのいいテラス(5.11c) B13 24m長友敬一」

下部は「テラスへアップ(5.11a)15m」、これだけでも十分面白い。テラスから上が極端に難しくなり、トウフック、ポケットの踏み替えなどのテクニックを駆使する(他の人はやっていないかも) 夢にまで出てきて10回目でのRP。

いっせいのクライミングや日々の日記です