カテゴリー別アーカイブ: 山道具・装備

フランスよりPetzl-Coeur届く

2019.6.29(土) 雨

熊本地方もやっと入梅して、山行予定もないので昨夜は夜更かしをしてしまった。
それでも早く起きて、雨が降る前に草刈りをした。
ほどなく降り出して、ピアノの練習をしていたら小包が届いた。
海外通販で購入した「ぺツルのハンガー:Coeur P36AS10」である。

注文して11日でフランスから届いた。
20個で送料込み6,627円、1個約331円となる。
これまでは会友さんにお願いして購入していたが、この頃私のJCBカードでも買えることが分かった。

買い物といえば、6月15日にあるイベントで「多肉植物の寄せ植え」を買った。

2週間たって、明らかに一つ一つが大きくなってきた。
今年は多肉植物を増やしてみよう。

気分転換で買い物

2017.10.29 ボル天~好日山荘

10月28日(土)は野岳クライミングの予定だった。
①初歩の前傾(5.10b)をアップでMOS
②イカイカイルカ(5.11a)でイレブンの数稼ぎMOS
③赤い絨毯(5.11b)をRPして宿題終了
④⑤⑥春雷(5.12a)を一日3便でRPする
と、登るルートの順番から結果まで決めていたのに台風22号の接近で中止となった。
朝から外は雨で何もする気が起こらず、珍しく「ふて寝」をしてしまった。
しかし、そのおかげで午後は急に気力が快復した。

一緒に野岳に行く予定だった白ちゃんに電話して午後からのボル天を約束した。
その前に、西合志図書館へ寄った。
自分のモチベーションを上げるために「ボルダリング 基本ムーブと攻略法 野口啓代監修」など山の本を4冊借りた。
ところで、私は野口啓代さんそっくりの子どもがいることを知っている。(だからなんだ!?)

雨の土曜日の午後、ボル天に人は少なかったが若い女性の割合は高かった。
白ちゃんと私、後でかわこう君も来てゆっくりルートを楽しめた。
約1年ぶりのボル天であったが「黒囲い」も楽に登れて嬉しかった。
夕方、熊本市にも台風による大雨警報が出ていたがボル天の人は随分増えていた。

帰りに思い切って大型ザックを買いに好日山荘(パルコ店)へ行った。
ザックの種類はあまりなくて、店員さんのお勧めで「軽い・安い・多機能」な「Berghaus Wilderness 65+15L」23,760円(税込み)にした。
バーグハウスというイギリスのメーカーはあまりなじみがない。Berg(ベルグ)はドイツ語で山だから「山小屋」という意味か。
付属のタグにside pocketsを「再度ポケット」と誤字があったのには笑った。
ところで、この製品には約20%の還元セールがあり、購入後に4,000円分のチケットを頂いた。つまり実質19,760円であった。

さて、4000円分の使い道だがこれには大いに迷った。チケットの使用期限が12月までとなっており、めったに市内まで出てこないので即使わなければならない。
店内をぐるぐる回るが欲しい物はあまりない。良い品物がないのではなく、私に物欲がないのである。
やっと選んだ物は、
①CANP  HMSビレイロックカラビナ2800円
②roc’teryx ストレートカラビナ900円
③ガスボンベ IP-250T 420円
合計4120円だ。

雨の熊本市内であったが、アーケード街にはハローウィンの仮装をした人がたくさんいた。

ロープ購入

2017.3.4 クライミング用ロープ購入

IMG_8343マムート・ギャラクシー・ドライ 径10mm 長さ50mである。色はFire-orangeでよく目立つだろう。このロープは県体壁で使うことが多くなるので少し太めにした。
熊本パルコ:好日山荘店で定価25000円の30%オフで購入した。
50mロープ購入は5年ぶりである。これまで使っていたのもキーボウさんお勧めのマムートである。しかし、通販で購入したときに色が(青)しかなく、キーボウさんのロープと全く同じになり、ちょっと気になっていた。この日に青のマムートは「お疲れ様」と言いながらぬるま湯で手洗いした。

トレランシューズの靴紐替え

2017.3.9 トレランシューズの靴紐

先日、トレランシューズ:サロモンの靴紐が切れた。(切られた?)
クイックシュータイプなので素人では替えられそうもなく、購入した登山用品店に電話をしたら、「東京に送って修理してもらうので3500円です」と告げられた。
あまりの高額に途方に暮れながらも、ネットで調べると「替えキット」が販売されていた。さっそく慣れないネット通販をやってみたらカード払いの1164円で、すぐ届いた。
IMG_8392慣れない付け替え作業に1時間ほどかかったが満足のいく結果となった。
しかし、サロモンの靴紐はケブラー製でほとんど切れることはないと思われるが、私のように切られることはあるだろう。シューズを扱う登山用品店では靴紐のキットもそろえて、不測の事態に備えて付け替えのサービスはやってもいいと思った。

ペツルのハンガー、新クール

ペツルのクライミング用ハンガー(2016年版クール P32 10mm)が届いた。最初、「他社のハンガーが届いたのではないか!」と見間違えるほど新しくなっていた。
明らかにホールが大きくなって、カラビナが2枚楽に入るし、回転を止める突起もついている。破断強度は25KNと以前のものと変わらないがかなり肉厚になっているようだ。無駄がまったくない、機能美とはまさしくこのことだ。
この頃は地震の影響や雨で登れない日々が続く。
夜半に机上のスタンドにボルト・ハンガーをぶら下げて眺めていたら、ムラムラとやる気が起きてつい筋トレをやってしまった。

ミウラ2011 2回目のリソール完了 

IMG_71012回目のリソールを終えたミウラ2011

年末にボル天の飽本さんにお願いしてから約1ヶ月半で2足のシューズが返ってきた。2011年版は2回目、2013年版は1回目となる。2011年版はつま先にも補強が施されていた。自分ではすり減っていないと思っていたがプロの見立てに間違いはないだろう。
ミウラばかり3足持っていて、2011版がサイズ39、2012・2013版は38,5である。
交換したソールはビブラムXSグリップ4mmである。つま先補強して送料込み、2足で14,000円と良心的であった。
さっそく残っていた2012年版も2回目のリソールに出してきた。

トレランシューズを新調

IMG_7062

まだ使います

スポルティバのトレランシューズは2012年に脊梁トレラン大会出場の頃に買った物だから、約4年間使用した。山はもちろん、クライミングのアプローチシューズとしても必ず履いていた。
アッパー部が袋状になっていて靴下が汚れないのが良かった。岩場では滑りやすいが特に不満はない。写真のようにサイドが破れて見てくれが悪くなった。
暮れにボーナスはもらったのに、サンタさんは来ないし、お正月にお年玉はもらえないし、1月3日に誕生日を迎えても特にプレゼントもないしで、まあ何か一つは買いたいと思いトレランシューズを買った。
今持っているミレーのザック(30L)は容量が足りないので大型のバックパックにしようかとも思ったが、このごろやっと脚の調子が良くなってきたので気持ちがシューズに傾いた。

しっかり使いますIMG_7065

山の店「シェルパ」でスポルティバと履き比べてみたが共に違和感はなかった。決め手は見た目、斬新さ。
SALOMON XA PRO 3D
26.5cm、定価13,500円を11,106円だった。