ロドキャン前夜

2021.3.28(日) ロドキャン 1

この1年間、新しい環境に慣れないこともあったが平日は山にも行かず真面目に働いたおかげで、この春はまとまった休みがもらえた。
平日の休みではパートナーがおらずクライミングは難しい。
そこで、近年の憧れだった「ソロ・キャンプ」を思い立った。
車中泊は絶望的で普通車なのに荷物があまり積めないロードスターでのキャンプ、いわゆる「ロドキャン」である。

目的地はすぐに決まった。
まだ行ったことがない「国東半島」である。
①中山仙峡~低山ながら面白い岩稜歩きがたのしめそう。
②熊野摩崖仏と富貴寺・両子寺でパワーをもらおう。

一応、テント(2人用)やシュラフは持っている。
しかし、現代のキャンプの必需品である「焚火台」がないので、雨が上がった午後から買い物に出かけた。

庭のチューリップが元気。


焚火台はホームセンターのキャンプ用品売り場で1800円だった。
近くにダイソーがあったので、メステイン(500円)、ランタン(300円)、着火剤・鏡・手袋・石鹸箱(100円)を買った。


我が家の西側には鎮守の森がある。
明日の晴れを呼ぶ、夕日がきれいだった。

 

コメントを残す