カテゴリー別アーカイブ: 生物

モズのハヤニエ

2022.1.16(日) 生物 7

年末に借りた本を図書館に返しに行った。
ついでに年末に見つけた図書館の前庭の木にある「モズのハヤニエ」を写真に撮った。

獲物はトカゲである。
1眼レフで熱心に写真を撮る私を訝しく思った旧知の職員の方が見に来られた。
そこでハヤニエを見せると、
「モズのハヤニエって言うのですか? 初めて知りました」
とびっくりされていた。
博学とおぼしき図書館職員の方も、女性はこんなものに今まで関心がなかったのだろう。
「みんなにも教えます!」
と言われて、館内の職員の方がみんな出て来られて、
「初めて見ました!」
「すご~い!」
「写真に撮って、広報誌に載せます」
なんか、大変なことになってきた。

調子に乗って、
「こっちにもありますよ」
と私が別の木に刺さっているさっき見つけたカエルも紹介した。

う~ん、こちらは時間が経って形が崩れている。
しかしなんとも言えない形。

かなり期限を過ぎて本を返しに来た私をなんかちょっと気持ちだけ許していただけたかも。

ついでにこれまで庭先や近所で見つけた「モズのハヤニエ」を載せよう。

男池ドライブと長湯温泉

2021.8.26(木) ロードスター37・温泉3

夏休みも残りわずか。
天気は芳しくないが、何か花でも咲いていないかと九重:男池を目指した。
菊池阿蘇スカイラインで小雨、北外輪はガスの中。
それでも牧ノ戸峠を越えて長者原に下りると晴れ間も見えてきた。
男池駐車場まで83.4km。
車は10台程度とさすがに少ない。

男池からかくし水まで歩いた。
長雨で上台の湿地は広く雨が溜まった跡がある。
めぼしい花はない。
代わりにキノコがけっこう目に入る。

今日の【キノコ】代表。


【ヤマアカガエル】 カエルは元気。


【ギンリョウソウ】 今年初めて。


【オオミズアオ】
右側の羽はサナギの殻から抜け出せないでいる。
オオミズアオは2年前もまったく同じ場所で見つけている。
2年前の個体の孫か。

車に戻ったらけっこう雨が降り出した。
時計回りで帰ろうとすると、「囲碁神社」なるものがあったので寄ってみた。
近くに小さいが冷たい風が吹き出す「風穴」もある。

「大分・長湯温泉」の看板を見て寄ってみることにした。
実は今まであまり温泉に入ったことがない。
もうこれからは温泉を楽しめるようになりたい。

【温泉療養文化館 御前湯】
ここは日本一の炭酸泉で入浴効果が高く、ドイツとも国際交流が盛んらしい。
1階の男湯の横を川がどうどうと流れていて野趣たっぷりだ。
サウナにも入ってみた。
実はサウナもあまり利用したことがない。
若い頃、酒を飲んでサウナに入り目が回ったのだ。
考えてみればサウナより酒が悪かったのだろう。
ちょうどパラリンピックの女子バスケットがTVで流れていて、勝利の瞬間まで観ていたら相当汗が流れた。
500円の入湯料もサウナに入って汗を流すと元を取ったように感じる。
これからはサウナも楽しめるようになりたい。

「おんせん市場」の外テーブルで遅めの昼食を摂った。

【カップヌードルプロ】
このカップラーメン、名前に惹かれて買った。
何が「プロ」なのかと疑問に思ったら「高たんぱく」つまりプロティンのことではないだろうか。

帰りは竹田市~阿蘇市~二重の峠トンネル~大津町~合志市とほぼ直線的に走り、床屋さんに寄って帰った。
191.2km、Av.  18.3km/ℓ

田舎の証明

2021.8.23(月) 徒然 67

8月18日のブログで「田舎の証明」を載せた。
その続きを見つけた。
① 道路の中央線が雑草

この草、軽トラックは当たらないがロードスターの腹はこする。

② ニワトリを車で轢きそうになる

近所にチャボを放し飼いのところがある。50羽ぐらいいる。
時々道路を散歩するので車で轢きそうになる。

③ カブトムシにはもう飽きた

男の子の夏は虫取りが仕事。
毎日クワガタのお世話に余念がない。
(タブレットでYouTubeを観ながら)
しかしもうカブトムシは飽きて採らない。
このまえ見つけたのは次のレア物。

【ウバタマコメツキ】
ひっくり返すと「パチン!」と跳ねる。


【スズメバチ】

今日はこれを見つけて興奮した。

【ナミアゲハ(夏型)の交尾】

雨の晴れ間 カメラ散歩

2021.8.18(水) 生物 4

今日も大雨の一日。
夕方になってやっと晴れ間がちょっぴり見えた。


【ヤマボウシ 赤い実】 雨でたくさん落ちた。


【ツマグロヒョウモン】 雨宿りは終わりかな。


【マメコガネ】 ぼくらに雨は関係ないね。


【ホソハリカメムシ】 次は僕だよ!


【ツチイナゴ 幼虫】 何かご用ですか?


【ジョロウグモ】 エイリアンのモデルか。

雨ばかりで良くないことばかりだけれど、個人的にでも何かいいことはないかと考えた。
① 庭の芝生に水をやらなくてもいい。
② 読書やピアノの練習ができる。(ピアノならこの前電子ピアノを買ったという小山田大さんにまだ勝てそう。今、バイエル93番にトライ中)
③みんなが出歩かないから、新型コロナの感染が減る。(のはずが、全国的には増えている)

 

初夏:ケヤキの住人

2021.6.29(火) 生物 2

仕事から帰ると孫が飛んできた。
「ぜつめつきぐしゅのヤマトタマムシをつかまえた!」と。

なるほど、生きたタマムシは久しぶりである。
庭のケヤキで見つけたらしい。
名前はタブレットで調べたという。

虫かごから出してケヤキに這わせてみた。


まあ、普通のタマムシだが、本当は「ヤマトタマムシ」というのは初めて知った。
また、絶滅危惧種ではないようだ。
そのうちに上に歩いて、飛んで行った。

ついでにケヤキを回ってみた。

おなじみの「ウンモンスズメガ」である。


リクガイの一種「シーボルトコギセル」


ちょっと高い所に「クサギカメムシ」
他にはナメクジが1匹。

今日は職場で部屋に飛び込んできた小鳥(スズメではない)をやさしく捕まえて逃がしてあげた。
何かいい気分。

生物の驚異 【閲覧注意】

2021.5.16(日) 生物 1

本日より新しいカテゴリー「生物」を立ち上げた。

先日、ある山友さんから、
「いっせいさんのブログにはグロテスクな写真が多いですね」と言われた。
これは私にとっては心外であった。
私はこれまで個人的なブログではあっても、常に読者の皆さんの目に麗しい写真を選んで掲載していたつもりであったからだ。
しかし、山を歩いていると時には目を背けたくなるような生き物たちの瞬間に出遭うこともあり、そこには自然の厳しさや美しさを感じさせるものも少なくない。
今回、新しいカテゴリーを立ち上げた記念にこれまでお蔵入りになっていた写真を10枚選んでみた。
閲覧注意、自己責任で見てもらいたい。

10位

ご存知、カマキリに寄生する「ハリガネムシ」である。
このムシは自分の産卵場所である水辺にカマキリを誘導するそうである。この時は宿主と共に死んでいたが、動くハリガネムシだけは見たくない。
9位

我が家の「ヤモリ」である。
尾が切れて、どちらが頭か分からない。
小さな蛾をパクリと食べる瞬間はたまらなくかわいい。
先日見たら尾がだいぶん伸びていた。
8位

「ボーベリア菌(昆虫病原糸状菌)」におかされたカミキリムシである。数年前に八方ヶ岳で見つけた。
7位

2年前、日向神で私の股間に食らいついた「マダニ」の簡易顕微鏡写真である。
一度掲載したが、見せしめのためにまた載せた。
6位

随分前に、根子岳のヤカタガウドで見つけた「イノシシ」の屍である。多分頭上の崖から転落死したと思われる。自然は厳しい。
5位

以前、菊池の龍門地区で見つけて飼っていた「シュレーゲルアオガエル」である。小さなオスがメスの首を抑えて離さない。
このまま水槽のふちで産卵(白い泡状の卵塊)した。
4位

これも龍門地区で捕まった生きた「マムシ」である。
私が「マムシを好き」というウワサが流れ、地元の人が捕まえると何匹も持って来られて閉口した。
一時期は仕事場で飼っていたこともある。その時は毎朝逃げだしてはいないかとドキドキして心臓に悪かった。
3位

アブラゼミを捕食する茶色の「オオカマキリ」である。
我が家の庭で見つけて写真に撮っていたら、もう一匹の緑のカマキリが反対側から食べていたのに気づいた。
ハラビロカマキリが共食いをする写真もあるが、これはもう怖くて見せられない。
2位

ヒキガエル(ガマガエル)である。
菊池少年自然の家で見つけた。首の近くに毒腺(ガマの油?)があるのであまり触らない方がよいらしい。
私はもちろん触れない。
1位

「クロメンガタスズメガ」である。菊池の高野瀬にいた。
背中の所に人の顔がある。スリラー映画の金字塔「羊たちの沈黙」に出てきた同種のスズメガはドクロの顔だった。

八方ヶ岳 ヘビ図鑑

2017.8.24 八方ヶ岳ハイク・生物

久しぶりに八方ヶ岳に登ってきた。
矢谷コースはほとんど日陰で真夏には最適の登山道である。
今日もウスイロトラカミキリやミヤマウズラなど初めての虫や植物との出会いがあった。
その中でも、今日はヘビによく出会った。

①アオダイショウ
山道の側壁に私が「ヘビ穴」と呼んでいる水抜きの穴がある。必ずと言ってよいほどトカゲやヘビが顔を出している。
今日いたのはまだかわいいアオダイショウだった。

②ジムグリ
漢字で「地潜」と書く。
いつも地面に潜っているのか姿を見ることはまれだという。
7年前に九重:男池の近くで初めて写真に撮った。
日本で一番美しいヘビということで心にも焼きついた。
それ以来、九重に行かなければ会えないと思っていた。
光を浴びると赤や黄色の光沢が見事である。
写真の固体はまだ小さく、おとなしかった。

③ヤマカガシ
全国版で小学生がこのヘビに噛まれたニュースが流れて有名になった。
私たちは「アズキヘビ」と呼んでいた。
この固体は動きが速かった。

④ヒバカリ
茶色の地味なヘビである。
我が実家の裏山でもよく見かける。
これも動きが速かった。
薄暗い山の中ではカメラの感度を上げておかなければならない。

⑤マムシ
今日はマムシに出くわさなかった。
この写真は数年前に例の「ヘビ穴」で撮ったものである。