菊鹿町の石像巡り

2021.2.13(土) ロードスター 26

カニのハサミ岩での開拓が小雨で早じまいしたので、いつもは素通りしている菊鹿町を探索してみた。
最初は「岩場」を探して、素晴らしいルーフなどを見つけることができた。これは老後の楽しみに取っておこう。
次に「春」を探し、最後は「石像」となった。

今日は小雨模様ながら気温は20度近くまで上がり、梅の花がいたる所で観られた。

土地の神様が祭ってあった。
菊池地方では田の近くで見ることがある。
こんなに大きいものは初めてだ。

菊鹿中学校の近くで見事な六地蔵を見つけた。

6人のお地蔵様はみんな笑顔だった。
地域の人々にも大切にされているようだ。
他にも道路端でお地蔵様を何体も見かけたが、どれも「廃仏毀釈」に因ってお顔や頭部が砕かれていた。

近くの公園でこれも立派な石像を見つけた。

「鳥居を背負う天部形仏神」である。
解説によると、本尊は「弁財天」で、神仏習合された地域の神様らしく、約250年前なので割と新しい。

上内田川ではコガモを見つけた。

17:40頃、自宅の近くからは雲仙岳が見えた。
だいぶん陽が長くなってきた。

コメントを残す